翻訳語成立事情 (岩波新書 黄版 189) 翻訳と日本の近代 (岩波新書) 明治大正 翻訳ワンダーランド (新潮新書)
翻訳語成立事情/柳父 章 岩波書店
翻訳と日本の近代/丸山眞男, 加藤周一 岩波書店
明治大正 翻訳ワンダーランド/鴻巣友季子 新潮社
言葉。それは本当に不思議なものだ。
人によって定義は違うし、自分にとっての言葉は自分の行動を発展することも、隠蔽することもできる。
少し前、地図のなかにある単語の強度として「文脈をもたない」ある意味で宙吊り状態の単語についての曖昧性を経験から書いてみた。この本を私が手に取った理由はその曖昧な形で語弊を招きながらも使われ続け、傷つきながらも推進しつづけてきてしまった現代における言葉の意味を知りたいと常日ごろから思っているからだ。
日本には対訳可能な言葉の発端、つまり状況が存在しなかったにも関わらず、福沢諭吉などを筆頭に言葉が改良、開発されていった。それは目に見える、感じることの領域を超えるようなものであったとしても、明治から現代へと至るさまざまな場所での発展を促進してきた。そして言葉ができてしまうことによって根拠のない暗黙の規定が行われて現代の人びとがわかるわからない関係なく機械的に使うことを了解し、させている。
そのことは今は事実として受け入れなければ生きてはいけないことになっている。それはそれでよいが、この本から得られるものはそれを「納得した事実」として自身に定着することを容認すること以上に、その過程において帰納的な手段が用いられ、唐突に飛び越えたり演繹的な方法に依拠しなかったということだ。つまり、限られた単語は単に西洋からの輸入品ではなく、コンテクストをもった表象として現代まで伝えられている、ということだ。
この言葉の発展は常に時代文化と共犯関係をなし、成長してきた。その過程は文学と関係をもち、他の分野にも「日本語」として定着する。

「第四の壁」→「異化効果」
「第四の壁」という言葉は劇場で生まれた。すなわちごく普通の三つの壁で覆われた舞台が言葉通り「第四の壁」を与えたのである。しかしながらこの言葉は映画、テレビ、文学といった他のメディアでも使われており、フィクションと観客との境界を示す一般的な言葉として用いられる。

第四の壁はフィクションと観客の間にある不信の停止(観客はフィクションを見ている間は「こんなことは実際には起こらない」などという無粋な突っ込みを抑えること)の一部である。通常、観客は第四の壁の存在を意識することなく受け入れており、あたかも現実の出来事を観察しているかのように劇を楽しんでいる。第四の壁の存在はフィクションにおいて最も良く確立された約束事の一つであるが、演出上の効果のためにその存在を直接意識させる場合がある。例えばA.R. Gurneyの『The Fourth Wall』においては主婦ペギーが自宅の何もない壁に対して強迫観念を抱き、そこに4人の登場人物が関わることになる。彼らは次第に演劇上の様々な約束事に引きずり込まれ、舞台の上の家具や行動はいわゆる第四の壁に対するものになっていく。

「第四の壁を破る(異化効果)」by wikipedia
演劇において「第四の壁を破る」という言葉は、人物や何らかの舞台装置の働きで、役者達が観客に見られていることを「自覚した」ときに用いられる。この用語が初めて用いられたのはベルトルト・ブレヒトが、コンスタンチン・スタニスラフスキーの演劇理論を元にして(また、対比的に)作り上げた「叙事演劇」の理論の中である。最もよく見られるのは人物が観客に呼びかけることで第四の壁を破るものだが、それ以外にも演技を止めて素の役者の立場に戻ることや、会話によって、また人物が物語の状況の外にある事物と関わること(例えば人物が小道具を舞台係から受け取るなど)によって為される場合がある。

様々な演劇家がこの神経に障る効果を使って焦点をはっきりさせようとするのは、そうすることでフィクションを新たな光で照らし、観客がより能動的に劇を見るように仕向けるためである。ブレヒトは意図的に第四の壁を壊すことで知られており、観客に見ているものをより批判的に考えるよう促した。これは異化効果と呼ばれている。

カメラ・オブスクラ camera obscura
ラテン語で「暗い部屋」の意味。
カメラ・オブスクラの原理は、ちょうどピンホールカメラと同じようなものである。原始的なタイプのカメラ・オブスクラは、部屋と同じくらいのサイズの大きな箱を用意し、片方に小さな針穴(ピンホール)を開けると外の光景の一部分からの光が穴を通り、穴と反対側の黒い内壁に像を結ぶというもの。

Wikipedia

弁証法(dialectic)とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルマルクス弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法ヘーゲルマルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。



形而上学(Metaphysics)とは物理的または概念的な対象が存在する理由や根拠についての問い、およびそれをめぐる議論のこと。

物理学を「対象の振る舞い」について考えるものだとするなら形而上学は「対象が存在する理由」を問うものだと言える。「りんごが落ちる理由」は物理学で説明出来るが「りんごが存在する意味」は物理学で説明出来ない。このような問いかけを形而上学的だと表現する。
また形而上学は哲学の一部門であり、物理学や心理学や脳の生物学といった自然諸科学に、あるいは神秘主義や宗教や精神的主題に関係付けられる。 存在、実在、普遍、属性、関係、因果性、空間、時間、出来事、その他諸々の諸概念が、まさにそれに基づくところの現実性の基礎的本性に関する、最も根本的な概念や信念の研究として概略的に定義される。
形而上学を定義することの困難の一部は、何世紀も前にアリストテレスの編者によって、西洋の哲学者たちが最初にその名を受け取って以来、変化してきた非常に多くの領野の内にある。根源的に形而上学的と考えられなかった問題が、次々に形而上学に加えられてきた。何世紀にも渡って形而上学的と考えられていた他の問題は、概して現在、宗教哲学心の哲学、知覚の哲学、言語哲学、科学哲学といった、その独特の分離した副次的主題へと追いやられている。形而上学の部分と、ある時代または別の時代に、考えられてきた全ての問題について考察するには、非常に長い時間が要求されるだろう。
核心的な形而上学的問題と呼ばれうるものは、常に形而上学的でないと考えられたことがない問題である。そのような問題はたいてい、一般に存在論の問題、「存在としての (qua) 存在の学」である。
別の哲学的伝統は、西洋の哲学的伝統におけるそれよりも、形而上学的問題の非常に困難な概念を持っている。例えば、道教、そして実際多くの東洋哲学はアリストテレス形而上学の最も基礎的な教義のいくつかを、完全に拒んでいる。今では、西洋哲学においてはもはやほとんど完全に内面化し、疑いの対象になることはほとんどないが、しかしヘーゲルの論理学のように、アリストテレス形而上学の多くの反対者は西洋にも現れた。

シニフィアン(signifiant)とシニフィエ(signifi?)はフェルディナン・ド・ソシュールによってはじめて定義された言語学用語。
シニフィアン」はフランス語の動詞signifier「意味する」の現在分詞で「意味しているもの」「表しているもの」を指し、「シニフィエ」は同じ動詞の過去分詞で「意味されているもの」「表されているもの」を指す。


タブラ・ラーサ(tabula rasa,磨いた板の意)は経験主義の比喩。人は生まれたときには何も書いていない板のように何も知らず、後の経験によって知識を得ていくというものである。
経験論(empiricism)あるいは経験主義(けいけんしゅぎ)とは、人間の全ての知識は、我々の経験の結果である、とする哲学上または心理学上の立場である。(例:ジョン・ロックタブラ・ラサ=人間は生まれたときは白紙である)
経験論は我々の理論は直観や信仰よりむしろ世界についての我々の観察に基礎に置くべきだとする近代の科学的方法の核心であると一般的にみなされている。その方法とは、実験による調査研究、帰納的推論、演繹的論証である。
イギリス経験論において人間は経験を通じて様々な観念・概念を獲得すると考えるのに対し、大陸合理主義においては、人間は生得的に理性を与えられ、基本的な観念・概念の一部をもつ、もしくはそれを獲得する能力をもつと考える。また、理性の能力を用いた内省・反省を通じて原理を捉え、そこからあらゆる法則を演繹しようとする演繹法が真理の探求の方法とされた。

建築史、歴史の意義とは何か。
それはその中にある多くの「事実」をピックアップし、それらの間に関係を見出して、何らかの言説を作り出すことである。そしてその言説の中に批評性や新しい見方、解釈が含まれていることが重要なのである。(建築雑誌0705 藤岡洋保)


記号学(きごうがく)は、言語を始めとして、何らかの事象を別の事象で代替して表現する手段について研究する学問を指す。記号論(きごうろん)ともいう。
記号論記号学が記号に関する学問というのは間違いではないが、特に記号学においては記号とその記号の体系、そしてその解釈、生成を行う主体に関する学問であり、その解釈におけるイデオロギーやシステムを問題にする批判理論とも結びつきが強い。

記号(きごう)とは情報伝達や思考・感情・芸術などの精神行為の働きを助ける媒体のことである。 狭義には、文字やマークなど、意味を付された図形を指すが、広義には表現物、ファッションや様々な行為(およびその結果)までをも含む。(Wikipedia)

一般的にいわれている批評理論とはこういうことである。もちろんこれは文字という記号すなわち別の事象を代替物としているものを批評文としている。

雑誌は全体のデザインから一つの文章、写真まで、幅広い記号を使用する多様なメディアであると考える。さらに、情報を定期刊行物という形で編んでいき、時代の連続性を構築する。このことは雑誌が機能、構造などのエンジニアリング的側面に加え、空間表現という芸術的側面、さらにはそのモードや伝統などを含有する建築においては大きな影響のある体系であることを示している。