・「資本主義に歴史を接続する」、そしてどうアプローチするのか?

「歴史を資本主義に接続する」ことは可能なのか。これは自分が建築を学びだしてから、自分の価値観との葛藤を行いながら考えてきたことの一つだ。なぜ、都市には歴史がないのか、そしてそれが当たり前になっているのか。大学院で歴史を学び、土地活用の会社でも働いている。そこにあるのは、様々な次元にある都市、土地の葛藤であった。

高度成長以来、効率の源泉、そしてパフォーマンスの舞台になっているのが都市であって、過去の産物である歴史的建造物はサンクチュアリ化されるか、もしくは模倣され外壁のデザインのみ残されるだけのアリバイ工作のようなことが行われてきただけだった。
しかし、数年前から、ドイツなどの実践が評価され、各地でリノベーションやコンバージョンの事例が出てきている。土地に歴史があるように、建築にも歴史がある。土地の歴史を残すのは建築であり、そこには社会の映し鑑であるかの如く積層した意味がある。そこに連続した現在を作り出すために、建築は存在していると言っても過言ではない。
明治維新の時代においても、西洋から様々な文化を輸入した当時、日本人の念頭にあったのは「ここから日本の文化が始まる」、以前の歴史は意味がないといったことだった。明治初期に来日したドイツ人医学者ベルツは日本人の知識人が日本固有の文化を軽視していることを批判するほど、日本人の価値観にはアイデンティティを喪失「したような」事実がある。
それが経済成長、グローバリズムと相まって、アリバイ工作のされる都市ができあがる。

しかしこれからの低成長、価値観のダイバーシティを鑑みると様々な価値観を許容してきた歴史自体が「ブランド」となることも出てくるはずだ。

このことを直接的に受け止め、都市のプレイヤーとして働くのであれば、2つの選択肢がある。
一つのラインは地主、コンサルタント、建設会社のライン。郊外に多いであろうと考えられるが、代々地主が守ってきた土地に対して、経済効率、税制を含めた個人的コンサルティングによって土地、建築に関わる。もう1つは都市においての地主、つまり不動産デベロッパー。自らを経済、金融の中に組み込み、再開発と呼ばれる行為を際限なく繰り返す。目の前の収益に対して最大限の利益を得るために、最大有効な効率を重視する。

このアプローチは最も効果的である。その土地を動かそうとする人になる、若しくは直接的に関与できるからである。ここで必要なのは、世で言う「営業」である。営業は、人のプロでありコミュニケーションのプロである。人の不動産に対する本心、本音、真実を知る事ができることが必要である。
そしてその結果が、金融、経済として表面化する。営業の面白さは、成約に至るまでのかけひきなどシナリオの構築とその実践である。それはそれで、人生を賭ける意味がある。

しかし、自分の興味と以上のことを含めて考えると、自分にとってはもっと直接的に不動産自体にアプローチを考えたい。活用のためでも、売買のためでもない価値を考える事。それは社会の中ではかなり絞られた分野であることは間違いない。社会情勢、経済状況、全てが関係のあることであるから、高度である事も絶対的である。そして、それを可能にするのは不動産鑑定士しかない。
その不動産鑑定も、定量的な鑑定だけではなく、これからは(該当する建築であれば)歴史的意義なども含めた定性的な事象を客観的に判断する必要もあるだろう。その必要性も含めた、都市構築の最初で最大の「鑑定」という事業に関わることを目標としたい。

この目標を達成するためには、現段階では2つのアプローチをかけなければならないと考えている。一つはもちろん、資格の取得。不動産鑑定士は不動産類の資格の中では最も難関で、税理士などと同等の難易度であると言われている。これは少し先の話になるかもしれない。
もう1つは、雇用市場でのプレゼンスの強化。今の仕事の実績はもちろん、それを体系化する資格の取得を目指す。表層を動かす事ができるようになることは単に鑑定士資格取得だけでなく、それ以後の仕事に必ず影響がある。

・目標スケジュール設定のためのモチベーションについて

資格試験のモチベーションを上げるには方法は一つしかありません。
見据えた上での社会での結果、それを出すための自分の商品価値を上げると考えるしかない。
資格試験に合格すること、それ自体には何の意味ももたない。それを使えるか、持っている事のアドヴァンテージがどれだけあるか認識すること。だから、やたらめったら受ければいいものではないし、かといっていらないものでもない。
この認識、最近改めて考え直しました。
自分に必要な資格。あえて「今」ではなく「将来的に」と考えるようにします。将来的に必要であるということはつまり、今からでも早くは全くないからです。
将来的に再開発事業など都市計規模の建築、ランドスケープ事業に取り組みたい自分にとって、現在の自分がいかに小さいか。そして、大きな事業をとりまとめるために必要な知識がいかに足りないか。こんなことを記述する前にやりなさいといった声も聞こえます。
苦戦している【ファイナンシャル・プランナー】。一人の人間のライフプランを作成するために必要な知識です。私の関わる土地は一般の人にとっては大きな買い物であり、かつ社会的に大きな意味をもつものに発展する可能性のある事象でもあります。森ビル株式会社が六本木ヒルズを建築の形に昇華するまでどれだけの年月を要し、どれだけ多くの地権者との折衝があったか。少し考えるだけでも膨大な利害関係が孕んでいたかが容易に想像できる。相手のことを考えるには、背景にあるその人の人生、特にライフプランを考えなければ、うまく調整はできまいと考えます。
また、それに付随してくる土地の活用に必要な【不動産コンサルティング技能士】。実務的に行うのは宅地建物取引主任者ではありますが、大きく広い視野でみるためにはこの知識は最低限必要です。売るのか、何か建てるのか、そのまま使うのか。建築以前の問題は大きく、そして深い。
建築、土地を見る上でも【不動産鑑定士】や【ホームインスペクター】には少し興味あります。やることなくなったら是非したい。

自分の事業テリトリーではここらへんまでしか考えていません。というのも、設計や工事は誰かに任せます。自分一人では絶対にできない。パートナーとして自分のプロフェッションを一刻も早く確立したいです。

ある再開発事業のスキームをおさらいしてみると、その他にも、SPC、REITへの理解、分譲マンション、賃貸マンション、テナントのマーケティングや等価交換、土地区画整理事業などが必要なようです。
行政、民間との契約行為の塊となる再開発、とってもおもしろいんじゃないかと思うのですが、まだまだ自分には足りないものが多すぎるようです。

個人の確定申告が読めない奴に法人の書類が読めるわけがない。個人との交渉ができない奴に法人間のとりまとめができるわけがない。知識だけでなく、経験もしていかないとです。

・建築と不動産の理想論

昨日のぼやきに引き続き、自分の振り返りをしてみる。
建築卒でしかも院生でもなぜ今営業をしているかはよく問われる質問である。まぁ動き方が営業的なだけであって実際はコンサルタントなんだが。建築内部からすると歴史研から不動産などと、真逆ではないかということもしばしば。ということで今回は昨日のぼやきと少しリンクさせながら、今の現状を語りたい。
ぼくは学部では設計ばかり、院では歴史研に所属しながら2社の編集部への出入りを繰り返していた。卒業設計は沖ノ鳥島に地球環境総合研究所をつくり、修士論文では銀座に現存する近代主義建築の残存理由を検証した。ぼくは学部のころ、ある疑問を抱いていた。建築家という人たちが考えている「建築」と、実際に建っている「建築」の乖離である。
メタボリズムグループ、アンビルト建築など都市建築に傾倒していたぼくは、住宅など顧みず、大文字の建築ばかりを追いかけていた。GA DOCUMENTのプロジェクトを見る度に建築の大きさや可能性を考えていたようにも思う。そのころ課題のたびに参照していたのが他でもないレム・コールハースであり、都市から導きだされる解答というもの、プログラムと直結した建築に魅了されていた。「雑誌上でみるだけ」ではそこには建築をつくる方法しかなく、リアリティというものは一切欠如していたようにも見えていたと思う。その見方をして街をみるとそれらは意志も何もないようにも見え、ぼくがずっと避けていた「現実」しかなかった。「住む」ということから乖離して、建築を表現としてしか見ていなかった自分は、現実のつくられ方に興味を持ち始めた。しかし、コンテクストを追えば追うほど、社会を直視すればするほど、建築家の存在意義はなくなりそうになる。誤解を怖れずに言えば、「芸術家」としての側面はぼくにとって必須の建築家像だった。
そこで思い切ってやったのが卒業設計「TOCHKA」である。都市というコンテクストから絶縁し、日本の領海を保持するシンプルな意味によって存在する。大地の連続すら否定するこの建築は絶対的に非日常の建築となる。ここには世界中の地球環境の研究者が集まり、研究を発表する場所であるとともに、一般的な建築計画などほとんど無視の傾斜のついた床ばかりに地球環境の現状が展示される。地球を相対化する場所をつくろうとした。


この計画でぼくは、受賞などの社会的栄誉を無視したことは重々承知している。社会から評価されようとしてつくったものでもないし、明らかに自分のためにつくったものだ。しかしぼくはその反面に、社会を直視せずに建築をつくることに終止符を打った。
その後大学院に進み、実測調査から建築家へのインタビューなど、建築と社会を直視する作業に入った。建築家の可能性を広げるためにメディアの体験もした。別にぼくは歴史を過去のことだけをするということとは解釈しておらず、今を生きながら過去が未来をどうつくるか考えるものだと思っている。
その集大成として執筆した修士論文が「近代主義建築の残存過程に関する研究」である。建築至上主義でつくり続けることのできた60年代前後の近代主義建築が都市の中でどのように現在まで残存してきたのか。それは建築家の「作家性」というものを捉え直すきっかけにもなったと思う。テリトリーを日本一地価の高い銀座に限定し、現在残存する読売会館、三愛ドリームセンター、ソニービルの建築を保存の論理の検証によって残存理由を偶然以外へと補完する。そこには、建築自体のコンセプトと、対象建築家の「作家性」と呼ばれる不確かなものの中に、はっきりと「社会性」を捉える事ができた。高度経済成長期、日本が大きく激変している最中に、「消費文化がもたらす公共性」を認識し、経済というものをはっきりと捉え、最終的には現在をみつめる視点こそがその作家性であった。
「作家性」というものが絶対的権力に担保されることが難しくなった現代において、何を担保に建築をつくるか。そして、建築の存在意義とは何なのか。日本経済が爆発した高度経済成長期、バブル崩壊、そしてリーマンショック。そのメルクマールを乗り越えて建築が残存することの意味は単に所有者の意志だけではなかった。村野藤吾、林昌二、芦原義信といった経済、そして社会を直視し、これらの建築を残した建築家は、まさにぼくのロールモデルである。
ぼくはその社会への視線の補助線として不動産業界を選んでいる。
現在、建築と不動産は乖離した状態にある。不動産デベロッパーが土地を確保し、そこに建築の人が建築を建てる。もちろん、建築の人はコンテクストなどを加味した建築をつくるのであろうが、「そこに建てない」という選択肢はない。もちろん、建てるべきところもあるだろう。しかし都市の中でのバランスは建築家には取れず、人の流れは変化はあれそこにあって、誰かが決めたところにたてなければならない。
しかし、本来の建築家の職能というのは、都市の中での建築の存在意義を決めることにあるのだと思う。建ててくださいで建てるのではなく、建てるべきところに建てる。それは現在で言うと不動産との融合でしかなし得ない。それがぼくが不動産に来た理由の一つである。

・共同住宅について

「新築主義」「nLDK」という2つの固定観念に覆われた現代の共同住宅事情は、いつまで続くだろうか。おそらく、この2つの観点はこれからも一つの尺度としては残るとは思う。しかし、そこに当てはまる家族が消滅するとまではいかなくとも、供給過剰感のある共同住宅業界は少し視点を変えた動き方をしていくべきではある。
別にぼくは芸術的な作品としての建物を作ろうとしているわけではない。むしろ、デザインの善し悪しなど他の誰でもなく入居者が決めるものだ。そこを掬いとって設計しなければ、目的としている数字にも届かない。固定的な人間、社会の見方では数字は追いつかない。「現在」は、結果と方法が直結する時期では決してない。これをやれば儲かるであるとか結果がでるというのは明らかに破綻した論理だ。

自然の淘汰としてアパートは減りはしないかもしれない。しかし「安さ」というしがらみから抜けて空間的豊さを求めるようにもなるということではない。つまりおもちゃみたいなCADで建てられる大量生産品があり、かつ絶対的に減価償却を伴うことはそのループで自動的に進んでいくところもある。
地主のネガティブな動機によって生み出されるアパートが多いことは確かであって、相続税の試算からアパート建設、評価額を下げるというのは業界では王道パターン。税金と減価償却があるからこそ成り立つビジネス。そこから脱却するという意味での制度改正提言は必要かもしれない。減価償却自体は新築への絶対的な評価である。しかしそれがそのまま新築、中古っていう価値観というか今中心になってる状況がおかしい。新築、中古は付加的なものにすぎなくて、リノベ事例のどれをつくるか、どういうものにつくるかを当たり前に考えられるようになればいい。また、リノベされたものが経済的にはどれだけの評価を得る事ができるのか。それは銀行の融資などを参照すれば一目瞭然。融資はでない。
時間の販売。生きることの積極性を受け入れる住宅は、分譲では固定し、戸建では完結的すぎる。賃貸であれば建築がもつ価値観を感じることにリスクはなく、アパートであればコミュニティの中の個人を受け入れられ、半社会化する。状況、生活を時間として解釈してその対価を得る。それが賃貸住宅を建てる者のビジネスモデル。人生に関わることの意義を知らなければならない。